NEW POST

2013ホームクチュリエ ありがとうございました。a piece of dream*編その6

2013ホームクチュリエ ありがとうございました。a piece of dream*編その5
の つづきです。

b0160880_190968.jpg


(今年はペコも クチュリエの お手伝いしてるのだー。)

***

はじめでの クチュリエ出展の お話です。







***


はじめてのクチュリエのときは、
足が震えて、搬入の台車を ゴローンと!
まず、ひっくり返しそうになりました。

その音に びっくりして、
心配そうに ふりむいたのが、
えりすけさんで。(私の後ろくらいの場所だったと思う)

雑誌で拝見した人だー!
って、更に緊張したのを 覚えています。
(当時、えりすけさんの雑誌の記事をスクラップにしていたのです)

お隣に しのびちゃんがいて。
唯一のお友達?だったけど、カリスマ主婦でオークションなどで
すごーーーく、人気の人だったし。

一緒にお茶してくれた、吏樹さんも、よしちゃんも、
インテリアの本や手作りの本では おなじみの人ー。

すごい人ばっかり・・でした。

当日、会場に入ると、もう既に 人が並んでいて。

開場すると、、、
すごい人が だーーーーっと
私のところを すっ飛ばして!!
人気の方のところに 走っていきました。

心臓が バクバク いいました。
だれも きてくれなかったら、 どうしよーー。

でも、一息つくと、
お客様が 私のところにも きてくれました。

私の作ったものを 見てくれる。
かわいいーとか。
どうなってるのーとか。
目をキラキラさせて 手にとってくれてる。

そして。

私が考えて!
私が 作ったものを お金を出してくれる。

最初のお客様が、「これ」って、
作品をお買い求めしてくれる 瞬間には

号泣していました。。。

「ごめんなさい。。感激しちゃって。。」
言い訳しようとしたら、
もっと 止まらなくなっちゃって。
声まで でてきちゃって。。。

うわーー。
今思い出しても、はずかしい。。。

泣きながら、説明しながら、
震える手でラッピングしているので、、、
だんだん ひとだかりに なってきました。

その後はあんまり とにかく 頭が真っ白で・・・
よくは覚えていないのだけど、

綾子さんが
「綾子です」って、名乗って 作品を買ってくれて。
「よかったね」っていってくれて。

気づけば、作品がほぼ 完売で。

ホッとする私と しのびちゃんに
「ふたりとも よかったねー。がんばったねー」って
かなめさんが、いってくれました。

***

はじめてのクチュリエは
私に ゆめをもつこと。勇気をもつこと。など・・
すごく 大切なことを 教えてくれました。

一歩、とにかく 一歩ださなければ
なにも かわらないし。
なにも はじまらない。

間違った一歩、遠回りな一歩 だったとしても。
なにかが 絶対に かわるはず。

そして。
大きなたくさんの出会いにも!
つながっていきました。

たとえば、
tabidoll 
きみえさん、yoriさん、mariちゃんtomoちゃんが
企画して。誘ってくれました。

小屋女子のメンバーも!
ここからつながっている人がいっぱい。

他にも、ギャラリー出展のお話があれば、
そこで違う人と出会うし。
お花屋さんで出展すれば、
また 新しい友達ができて イベント出展することに
なったり。。。

他にもね、

たとえば、
uriさんと お友達になって。
uriさんと、fumiさんちに泊まりにいって。
(なんと、ずうずうしい・・汗)
fumiさんのポーチュラカのお祭りに出展させていただいて、
翠子さんと 友達になって。
翠子さんの餃子教室て、chai姉さんと友達になって。
chai姉さんからcoroさんたちと 仲良しになって。

私の友達のつながりって
みんな びっくりするけれど。

他の友達のつながりも こんな風に
ちょっと かわった つながり方で。
(書いたら、きりがないので、、、、
でも、ちょっと 面白いかもなので、機会があれば、書いちゃうかも。)

私自身がびっくりなほど。
誰かが だれかをつないでくれて。

今、ここにいるんだなぁーと 本当に思う。

***

友達が友達をよんで、、、
どんどん 楽しいことが 増えていきました。

今は、関東系では、、イベントに出展すると
○○にでてたよねー  とか。
△△さん(私の友達)の友達なんですー とか。
しらず、しらず どこかで、誰かと つながっていて。

みんなみたいに、雑誌にひっぱりだこになったり。
本をだしたり、テレビにでたり、お店を開いたり、
先生になったり・・

そんなことは 全然ないけどね。
日々の中で みつける素敵なことを

「こんなことをしたら、楽しいかも」とか
「この好きな景色を カタチ(雑貨)にできないかなー」とか
「こんなのできたら、絶対かわいい!」とかー。

日々、妄想しまくって。
(ドンドン オタク化してますがー)
作って、見てもらって。 手に取ってもらって!

作る日々が 続いていることが
本当に 楽しくて うれしくて。
幸せなことだなぁーと 思います。

(作っているときは、いつも以上に 無精になって
連絡やお返事など、、かなりかなり 失礼なのに、
いつも たすけてくれて、本当に 本当に
ありがとぉーーーー!!!)

今年のクチュリエも。
そんな風に 妄想しまくって。
いろいろ試行錯誤して。
作品を 作りました。

手に取っていただいたお客様、
出展者のみなさん。
イベント関係者のみなさま。

こっそり応援してくれた友達や家族。

いつも迷惑ばかりかけて
ごめんなさい。
本当に感謝。感謝してますー。

(勝手に名前のせちゃって、ごめんなさい。。。)


***

つづく

→作ったものたちを載せます。
[PR]
Commented by yuri-yury at 2013-07-24 00:18
hanaさん、こんばんは^^

hanaさんの思いが沢山詰まったお話、
じっくり何回も読んでしまいました。
とても感動でした☆☆☆

人との出会い、何よりの宝物ですよね^^

人には皆、同じだけのチャンスが与えられていて
そのタイミングをつかめるか、逃すか・・・その人次第。
↑著名人がおっしゃっていた言葉です。

そのタイミングをつかむのに影響するのが、
人とのご縁だと思いました。

年齢を重ねていく度に、その気持ちが強くなってきました。

誠実で優しいhanaさんのお気持ちが、
良いご縁を引き寄せているのでしょうね^^

これからもhanaさんの気持ちがこもった作品を
拝見しに伺います♪

事後報告になって申し訳ありませんが、
リンク、フォローさせて頂きました。

お身体に気をつけて、益々のご活躍を楽しみにしています^^
Commented by a_piece_of_dream at 2013-07-24 18:40
☆yuri☆さーん。
暖かいことば、本当にありがとうございました。
人と人との縁・・
本当に宝物だなぁーと 思います。

でも その一方で、自分の忙しさや 気持ちがいっぱい
いっぱいであったときに

本当にたくさん 失礼なことを しちゃって・・・
とくに、はじめて コメントや メッセージを くださるかたは
勇気をだして、書いてくれてるのに、

お返事がすごく 遅れることも 多々で。
情けないなと いつも いつも 思います。。

そんな中でも 暖かく、見守ってくれる人たちがいること。
感謝の気持ちで いっぱいです。

フォローもありがとうございました。

小6の娘と、中2の娘と過ごす夏休み。。
とくに 小学生の娘の方とは
こんなに 一緒にいられることも そうはないかなぁーと思って。
大切に したいと思っていて。

なかなか上手に時間が つくれませんが、
作品も いろいろ 作ろうと 思っています!
Commented at 2013-07-26 06:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a_piece_of_dream at 2013-09-03 12:11
☆cさーーん。
すみません。前にコメントお返事書いたのに
反映されてなかったみたいです。。

ずいぶんたってしまったけど、
クチュリエ ありがとうございました。

それから、ながーーい 文章
読んでくれて 本当にありがとぉーーー。

私こそ 見習わなくっちゃいけないことが
いっぱい・・
これからも どうぞよろしくねー。

うちの方は まだまだ あつくって、、、とけちゃいそうだけど、
9月は運動会・体育祭があるので、
子供たち、真っ黒&ぐったりで かえってきます。

私も負けないように、がんばるんだぁー。
by a_piece_of_dream | 2013-07-23 06:18 | 2013年イベント | Comments(4)

クラフト作家(GREEN雑貨作家) & 「植物ハンドメイド系のWEBライター」をしている「a piece of dream*(アピースオブドリーム) hanaのブログです。「植物のある暮らし日々のこと」「多肉植物とDIY」「植物を使ったクラフト」「活動記録」をお届けします。***多肉や植物を使った雑貨のワークショップや提案・押し花なども!(仕事依頼は↓メールでおねがいします。)***


by a piece of dream*(hana)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31